ジュネーブ日本語補習学校について

本校は、ジュネーブ及びその周辺に在住する4才から17才の日本人等のお子様に対し、日本語による日本の学習指導要領に準拠した教育を行っている補習授業校です。地域の人々が設立した私立学校であり、日本政府の在外教育施設として認可された補習授業校で、学校の経営はボランティアの委員による運営委員会によって行われています。

校舎は専用の校舎で、10教室をはじめ、職員室、図書室、集会室も設置しています。約5千冊の蔵書は、保護者だけでなく地域の方への貸出しも行っています。

教科としては、国語及び算数・数学を中心とした諸学科を実施しており、授業の内容は、日本の学習指導要領に準じて、日本の教科書を使用して行っています。

よくあるご質問(Q&A集)  ※下記もご覧ください。

ジュネーブ日本語補習学校の概要

1.沿革及び位置付け

  • ・1970年10月31日、ジュネーブ日本語教室として在ジュネーブ総領事館(当時)において開校。
  • ・日本語による日本の学習指導要領に準拠した教育を行う在外教育施設として、日本政府により認可。

2.在席状況(2018年4月15日現在)

  • ・幼児部(年中、年長)56名、小学部(1~6年)219名、中学部(1~3年)44名、高校部(1~3年)12名
  • 合計 331名(家庭数235)

3.年間授業日数

  • ・全41回(運動会含む)

4.役員・教職員

  • ・運営委員長:矢野 博巳(ほかに運営委員12名、会計監査1名、顧問2名)
  • ・校長:大野 政信(文部科学省より派遣)(ほかに教員15名、教務事務2名)

転入学の案内

受講申込書の提出

お子様の新規入学・転入学を希望される方は、以下の情報をメール本文に記載するとともに、《受講申込書》にもこれらの情報を含む必要事項を記載し、メールに別添した上でg-hoshuko@bluewin.chまで送付してください。

  • 1.お子様の氏名(読み・ローマ字表記、複数ある場合は補習校で使用する表示・名前を選択。)
  • 2.お子様の生年月日
  • 3.現地通学(予定)校
  • 4.保護者方の氏名(読み・ローマ字表記)
  • 5.住所及び連絡先(自宅電話・携帯番号・メールアドレス。その時点でのもので可。)

受講申込書<<<ダウンロードはこちらから。

転入学の時期、ウェイティング

基本的に一年を通していつでも受け入れています。ただし、受講希望者が多く一定の人数に達したクラス(定員はクラスによって異なります。)では、ウェイティングもあります。

転入の場合は、学校で説明をしますので、前もってご連絡下さい。

  • ・連絡先:TEL +41-22-321-2439 / FAX +41-22-321-4656 / メール g-hoshuko@bluewin.ch
  • ・開講時間:火、水曜 8:30~17:30、木曜 8:30~12:00、金曜 14:00~19:30、土曜 8:30~19:00
  • ※日本との時差はマイナス8時間(サマータイム時は7時間)です。日曜日、月曜日は休校です。
  • ※安全管理上、学校所在地を掲載していません。直接学校までお問い合わせください。

その他の留意点

スイスは基本的に個人責任で対処する国です。 お子様は必ずあらかじめ有効な事故保険/損害補償保険等に加入しておいていただくようにお願いします。

お子様の転入学に当たって、在学証明書は特段必要ありません。

クラス構成

学年 教科、授業日時
幼児部年中 水曜午前/午後、土曜午前/午後(いずれか一つの時間帯で履修)
幼児部年長 水曜午前/午後、土曜午前(いずれか一つの時間帯で履修)
小学部1年~6年 国語・算数:水曜午後、土曜午前(いずれか一つの時間帯で履修)
理科・社会:5・6年のみ、2学年合同で土曜午後(選択履修)
中学部1~3年 国語・数学:土曜午後
理科・社会:3学年合同で土曜午前(選択履修)
高校部 国語:3学年合同で金曜夕刻実施

(詳しくは時間割をご参照ください。)

学校納付金

授業料は一月当たりの額を示しています。支払いは4か月分ずつ年3回(4月、8月、12月)の前納となります。詳細は学校までお問い合わせください。

入学金

第一子:400スイスフラン、第二子:300スイスフラン、第三子以降:無料

授業料

学年 授業料
幼児部 ・年中は110スイスフラン、年長は130スイスフラン。
小学部 ・1年~6年とも165スイスフラン。
・5・6年が理科・社会を選択する場合には215スイスフラン。
中学部 1~3年とも
・1科目選択(国語のみ)は110スイスフラン。
・2科目選択(国語、数学)は160スイスフラン。
・3科目選択(国語、数学、理科・社会)は210スイスフラン。
高校部 ・1~3年とも120スイスフラン。

持ち物について

【重要】
小学部、中学部の教科書は必ず日本出国前に「海外子女教育財団」でもらい受けて下さい。
詳細は海外子女教育財団のウェブサイト(http://www.joes.or.jp/kyokasho)参照。

日本から来られる場合は、2Bの鉛筆、下敷き、コンパス、分度器、三角定規、個人用のノート、消しゴムは持って来られた方が良いでしょう(当地で入手困難か、あっても品質に問題があることも多いため)。

その他、各学年で必要な持ち物がクラス便り等に書かれていることがありますが、パスワードがかかっていますので、詳細は学校までお問い合わせください。

幼児部(年中)

  • ・かばん(A4サイズのファイルがはいるもの)
  • ・クレヨン(15色程度)、フェルトペン(中太で15色程度)、ハサミ、スティックのり(口紅タイプ) ※自分で出し入れできるペンケースか小さな袋に入れてください。
  • ・ハンカチ・ティッシュ、水筒(お水かお茶)、替えパンツ(必要な児童)
  • ・最初の授業の際、3cm×4cmの顔写真2枚〈裏に記名)

幼児部(年長)

  • ・Bまたは2Bの鉛筆2、3本(家で削ってくる)、消しゴム(大きめで良く消えるもの)、のり(水のりタイプ)、はさみ

小学部

  • ・小学部の児童・生徒用のノート(国語関係のみ)及びドリル(国語、算数とも)は学校で用意します。
  • ・ご家庭で準備いただくもの(算数及び理社のノートを含む)については「補習校小学部の持ち物」をご参照ください。

中学部/高校部

  • ・国、数、理社のノート、分度器・コンパス等や筆記具などは、個人でご用意願います。